埼玉栄高等学校 男子硬式野球部

埼玉栄高等学校 男子硬式野球部 > チーム紹介

チーム紹介

名 称 学校法人佐藤栄学園 埼玉栄高等学校 男子硬式野球部
創 部 1972年
所在地 キャンパス:埼玉県さいたま市西区指扇3838番地
グラウンド:埼玉県さいたま市西区西遊馬俵貝戸3013
大志寮  :埼玉県さいたま市西区大字高木52-4
目的・目標 目的:野球を通じての人間形成
目標:日本一
最高戦績 甲子園出場2回
部員数 110名(3年生37名、2年生44名、1年生29名)
OB選手(現役選手) 山崎憲晴(横浜DeNA)・木村文紀(埼玉西武)・白崎浩之(横浜DeNA)・土肥寛昌(ヤクルト)

グランド・施設・設備

男子硬式野球部専用グラウンド

  • メイングラウンド

  • サブグラウンド1

  • サブグラウンド2

広大な敷地に両翼102m、中堅124mのメイングラウンドを確保
さらにサブグラウンド2面を有し、ブルペンでは9投手が同時に投球練習が可能

室内練習場・食堂

  • 室内練習場(人工芝)

  • グラウンド食堂

人工芝を敷設し、4列同時に打撃練習・投球練習が可能
室内練習場に隣接する食堂、ここでは食事を通じて体力・コミュニケーションの増進を図ります

大志寮

  • 大志寮外観

  • 大志寮エントランス

  • 大志寮食堂

  • 大志寮大浴場

平成21年築、収容80名、食堂、大浴場、乾燥機付洗濯、オートロック、館内エアコン完備
寮生活をとおして野球部の目的である「野球を通じての人間形成」を図ります。

総合グランドまでのアクセス

土手を越えると総合グラウンドがあります。お車でお越しの際は野球部室内練習場から土手を登り、野球場の外をまわってお越し下さい。